雲仙山 満明寺Image
雲仙山 満明寺Image
雲仙山 満明寺Image
0:00
0:00

雲仙山歴史と行基菩薩

雲仙山 満明寺

長崎県雲仙市
Views:139times

清七地獄から道路の向こう側に、ゆるやかな登りの歩道が整備されています。

大宝元年(701年)開山の真言宗の寺院、雲仙山満明寺への参道です。

雲仙山を開いたのは、奈良時代、東大寺の大仏造営にも尽力した僧「行基菩薩」だと伝えられています。

ここ雲仙は、弘法大師空海開山の高野山や、天台宗の比叡山よりも100年も早く開山されており、日本三大霊場として栄えていました。雲仙山満明寺の上公園には、雲仙八十八箇所巡りがあり、その参道途中には行基立像があります。

寺院の履歴書といわれる「縁起書」によると、文武天皇の命令を受けて建立され、最盛期にはお坊さんが住まれる住居「坊」が、3379坊もあったとされています。当時は、島原半島全域が温泉山を中心として仏教聖地として繁栄していました。

Area to enjoy the guide
View in Map App
VOICE:-


Navigator

雲仙お山の情報館

長崎県(日本)

雲仙お山の情報館は、自然情報の提供をはじめ、歴史の紹介や温泉をテーマとした展示など、雲仙の魅力を幅広くご案内する施設です。
雲仙を楽しみ、より深く味わうための最新情報をそろえておりますので、雲仙へ到着されたら、ぜひこちらへお立ち寄りください。
自然、歴史、登山、交通案内など必要な情報を手に入れ、楽しいフィールドワークへでかけましょう。雲仙の自然と奥深い歴史をぜひ体感・満喫してください!

This user's other guides