雲仙お山の情報館Image

2階 島原半島地下パネル 〜マグマの流れと温泉〜

雲仙お山の情報館

2021年03月11日
Views:10times

島原半島の西側に位置する小浜温泉は、高温(摂氏110℃)で中性の「食塩泉」です。一方、中央の雲仙温泉は酸性の「硫黄泉」で約98℃、島原温泉(最高41℃)は「重炭酸塩泉」となっています。

これら泉質の変化は、温泉の源であるマグマ発散物が橘湾地下のマグマ溜まりから東側に向かって斜めに上昇する過程で、地下水に溶けやすい成分が次々に抜けることで生じています。

このマグマ溜まりから発生した高温高圧のガスが、岩盤の裂け目を通って上昇し地下水にふれ、岩盤からも成分を溶し出し温泉水となります。このうち、熱水の沸騰によって生じたガスが噴気となっています。


Navigator

雲仙お山の情報館

長崎県(日本)

雲仙お山の情報館は、自然情報の提供をはじめ、歴史の紹介や温泉をテーマとした展示など、雲仙の魅力を幅広くご案内する施設です。
雲仙を楽しみ、より深く味わうための最新情報をそろえておりますので、雲仙へ到着されたら、ぜひこちらへお立ち寄りください。
自然、歴史、登山、交通案内など必要な情報を手に入れ、楽しいフィールドワークへでかけましょう。雲仙の自然と奥深い歴史をぜひ体感・満喫してください!

This user's other guides