雲仙Image
0:00
0:00

ホオジロ

雲仙

長崎県雲仙市
Views:55times

 スズメよりやや大きい。雄の頭部は栗茶色、顔には白色と黒い線。春には、木の梢で「一筆啓上仕り候」と聞こえる美しい声でさえずる姿をよく見られる。
・おもな特徴
 全長約16cm。雌雄ほぼ同色、雄の頭部は栗茶色、白色の眉斑が明瞭である。背面は赤褐色で黒色の縦斑がある。喉白色、胸と脇は栗色、腹も淡赤褐色である。雌は全体的にやや地味な色彩である。
留鳥としておもに山地から平地の低木のある草原、林縁、農耕地周辺などに生息する。
・本地域等における分布
 県内各地に多数生息する。
本地域では、仁田峠、ゴルフ場、宝原、田代原、札原周辺や、諏諏池周辺、山麓付近などに多い。夏季は中央山地の上部付近で繁殖するものもいるが、冬季は仁田峠や雲仙ゴルフ場付近のものも、中腹以下の地域に移動する。

Area to enjoy the guide
View in Map App
VOICE:雲仙


Navigator

 Certification badge

This user's other guides