野鳥・自然・雲仙Image

マヒワ

野鳥・自然・雲仙

長崎県雲仙市
Views:13times

・おもな特徴
 体長約12cm。メジロとほぼ同じ大きさで、色彩もやや似ている。雄は頭頂は黒色で、背面は黄色に黒色の縦斑がある。喉から上腹部まで黄色、下腹は淡黄白色である。雌の上面は黄灰青色、下面は黄白色で緑黒色の縦斑がある。北海道で少数繁殖するものもいるが、多くは冬鳥として渡来し、おもに山地の針葉樹の多い林に生息する。
・本地域等における分布
 県内には冬鳥として各地に渡来し、おもに山地の植林地の多い地域に生息する。普通数十羽の群で行動している。
本地域では海抜1,000m付近以下から山麓付近の山地に生息する。近年渡来数が減少していたが、昭和47年秋には数百羽の群が数群渡来越冬した。


Navigator

 Certification badge

This user's other guides