自然・野鳥Image

ミヤマホオジロ

自然・野鳥

長崎県雲仙市
Views:19times

・おもな特徴
 全長約15cm。スズメよりわずか大きい。雄の頭頂は黒褐色、目先から頬黒色、眉斑の後半は黄色、冠羽を立てたときは黄色が目立つ。背面は灰褐色で黒い軸斑がある。喉は黄色、胸黒色、腹部は白色で、脇に褐色の縦斑がある。雌は黒色部がほとんどなく褐色で、黄色部も褐色をおびた黄色である。
冬鳥としておもに西日本に渡来し、山地の落葉粗林や林縁付近に生息する。日本では対馬だけで繁殖が確認されている。
・本地域等における分布
 県本土では冬鳥として各地に渡来し、10羽前後の群で生息する。
本地域では、渡来初期は中央山地付近にも生息するが、厳寒期はおもに中腹付近から山麓付近に多く生息する。


Navigator

 Certification badge

This user's other guides