野鳥・自然Image

アオジ

野鳥・自然

長崎県雲仙市
Views:5times

・おもな特徴
 全長約16cm、スズメよりやや大きい。雄の頭は濃灰緑色、嘴のまわり黒色、背面は褐色で黒色軸斑がある。下面は全体的に緑黄色で胸と脇に黒色縦斑がある。雌は顔の黒色がなく、腹の黄色はうすい。
本州中部以北で繁殖し、九州では冬鳥である。草本類や低木の多い山地に生息し、冬季は平地の林縁、草原、農耕地周辺にも飛来する。
・本地域等における分布
 県内には冬鳥として各地に渡来する。おもに山地の草原や林縁、農耕地周辺のやぶなどに生息し、住宅地周辺にも出現する。
本地域では、おもに中腹付近から山麓付近に生息し、諏諏池周辺にも見られる。


Navigator

 Certification badge

This user's other guides