雲仙の野鳥Image
SPECIAL FEATURE
×

雲仙野鳥ガイド

雲仙の野鳥

雲仙は島原半島中央に孤立した山地です。
面積は広くありませんが、江戸時代から自然(森林)が保護されてきたこと、標高差が大きいことから生息する種類・個体数ともに多くの野鳥が生息しています。(現在約150種の野鳥が確認。)

■ バードウォッチング・コースガイド

1.普賢岳周辺
雲仙温泉街から車で約15分の仁田峠からあざみ谷まで向かう約20分のコースと、仁田峠から普賢岳山頂まで向かう約60分のコースがあります。
この地域は国立公園雲仙の核心部で森林が特に保護されており、夏季における野鳥の密度は高く、春から夏には多く種を確認できます。

2.白雲の池から絹笠山
雲仙情報館から徒歩約15分ほど歩くと、1ha程の人工湖白雲の池があります。絹笠山の麓にあり自然林に囲まれた風光明媚な場所で、春先から野鳥が見られます。

3.オシドリの池(冬鳥:カモ類)
雲仙情報館から、徒歩約20分(車5分)の場所に貯水ダム・オシドリの池があります。冬季になると10月頃から2月下旬頃まで、湖面では数種のカモ類を見ることができます。

GUIDE LIST

Guide Overview

雲仙の野鳥

長崎県雲仙市

■ 基本情報
名称:雲仙国立公園 野鳥ガイド
スタート地点;雲仙お山の情報館前
所要時間:20〜60分(コースより異なる)

■ 観光関連施設
雲仙お山の情報館
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
TEL:0957-73-3636
HP:http://unzenvc.com/

※詳しい情報はホームページでご確認ください。

View in Map App